ホーム 塗装工事 防水工事 足場工事 外壁・外構補修 会社概要 お問い合わせ

塗装工事のご案内

外壁塗装とは、建物の外壁を塗装することで、次のような効果が得られる工事です。

・見た目が美しくなる
・防水効果をよみがえらせる
・建物の劣化を食い止める

外壁塗装は、ただ見た目を綺麗にするだけと思われがちですが、それだけではありません。お住まいの機能性を保全・向上させる時期が来たら絶対に必要なリフォームの1つです。

ワン・アップでは、お手頃価格で外壁塗装からお客様のご要望に合わせた工事まで様々なリフォームを取り扱っており、複数のプランを用意しております。 価格重視、コストパフォーマンス重視、耐久性重視のいずれでも対応可能です。

ここでは外壁塗装工事の詳細について紹介致します。

外壁塗装の必要性

外壁というのは家の外側にあたるので、雨風やほこり、排気ガスなど様々な影響を365日受けています。
何年も暮らしていく家の屋内で快適に生活していくためには、家の外側である外壁にこだわることが大切です。
メンテナンスを怠ってしまうと雨風や太陽光線(紫外線)、外気温・湿度など様々な影響によって外壁が劣化し、本来の性能を保てなくなってしまいます。
こまめにメンテナンスを行い、外壁のパフォーマンス力を高めていく(落とさない)ことが大切です。そのために最適な工事が外壁塗装です。

外壁塗装の具体的な目的

外壁塗装を行う目的として重要なのは次の4点です。

下地を保護する

外壁は建物を保護している部分です。その中には下地がありますが、下地は水に弱いものが多く、これを保護する目的を持っているのが塗装ということになります。塗装が剥がれたり、十分な働きができなくなると外壁の下地が傷ついてしまう為、塗装には保護する役割があります。

外壁の寿命を延ばす

外壁の下地が傷ついてしまえば、当然ながら建物の寿命が短くなります。外壁塗装は建物寿命を延ばすのにも効果的です。

防水効果をアップさせる

塗装を施工することにより、しっかり下地を雨から守ることができます。防水性が低下すると外壁の傷みの原因になるので注意が必要です。

二次被害を回避する

保護力や防水性が低下した塗装だと外壁の下地にカビが生え、健康被害をもたらしてしまう可能性があります。目に見える被害がなくても定期的に外壁塗装の施工をおすすめします。

外壁塗装の嬉しい効果(メリット)

外壁塗装を施工する効果やメリットとしては、先述しているように見た目が美しくなるだけでなく、建物を守る力を維持・向上することです。
塗装が少し剥がれているからといって、すぐに「このままでは下地が傷む」という考えには繋がらない方が多いのではないでしょうか。
しかしながら家の外側で様々な影響を受けやすい外壁だからこそ、しっかり塗装をして守る必要があります。
外壁が傷んでしまうと建物全体が劣化してしまいますが、しっかり塗装して建物を守る力が向上すれば家が長持ちします。
いつまでも快適に過ごせる家づくりをしたいと考えている方にとって、定期的に行う外壁塗装は非常にメリットが大きいといえます。

外壁塗装のデメリット

一番の外壁塗装のデメリットは費用がかかることです。しかし大切な家を守るための必要経費だと考える事をおすすめします。
それ以外のデメリットは、「施工中に窓を開けられない」といった施工中に関する事以外は基本的にありません。
外壁塗装をしないデメリットのほうが大きいのです。
ただし外壁塗装を施工するにしても、技術力が不足しているリフォーム会社・塗装業者などに依頼してしまった場合、しっかりと施工できず外壁の防水性能が回復しない場合もありますので、しっかりとしたリフォーム会社・塗装業者を選ぶ必要があります。リフォーム会社・塗装会社選びに時間が掛かる場合、その探す手間と時間はデメリットにつながります。

外壁塗装に対する誤解

外壁塗装工事を実施したいと考えており、気になっている事がある方には様々な誤解をしている方も多くいるようです。多くの方が勘違いしているポイントについてみていきます。

目に見える被害がなければ塗装は必要ない

雨漏りやひび割れなど、明らかな被害がなければ外壁塗装は必要ないという方もいます。しかし特に雨漏りなどの被害が現れた時には、すでに末期状態ともいえる状態です。 その前にしっかりメンテナンスし、被害を食い止めることが大切です。

外壁塗装は費用がかかる

確かに費用はかかります。しかし定期的に外壁塗装を行う費用に比べて、外壁性能が低下したために家全体が劣化して、大規模な修繕や建て替えが必要になってしまったようなケースのほうが、当然ながらかかる費用は大きくなります。

外壁塗装の耐用年数

塗料については各メーカーによって発表が異なります。1つの目安として次のものをまとめました。
塗料によって期待できる耐用年数にはかなりの違いがあることがわかります。

塗料 耐用年数
ウレタン系 10~15年
フッ素系 15~20年
ラジカル系 10~17年
無機質系 20~25年
アクリル系 4~7年
光触媒 10~15年
ピュアアクリル 12~15年
遮熱系 15~20年

外壁塗装の点検とメンテナンス・塗り替えの時期

外壁塗装の点検やメンテナンスは、どのようなタイミングで行えば良いのでしょうか。 一般的には、築10年が塗装の目安とされています。
その理由は、日本の住宅のおよそ8割を占めている窯業系サイディングボードの防水性能が、おおむね10年で切れてしまうためです。
ただし10年が経過していない場合でも、すでに塗装が必要な外壁の劣化症状が出ているような場合、早急にメンテナンスが必要です。
また点検に関しては、気になる症状が出たタイミングで早めに済ませて確認する事をおすすめします。

外壁塗装をそのまま放置するとどうなる?

外壁塗装の点検やメンテナンスは、どのようなタイミングで行えば良いのでしょうか。
定期的なメンテナンスをせずに外壁塗装を放置した場合には、メンテナンスしておけば必要ない補修工事・追加工事が発生し、費用も高くなってしまう恐れがあります。
建物の壁面で使用している素材が劣化してしまった場合、下地材も腐食している可能性があります。下地材の木材が腐食している場合、建物の倒壊リスクも高まります。
建物の下地補修等の壁面工事が必要になった場合、面積によって変わってきますが一般的な外壁塗装の10倍もの費用がかかる事もあります。
場合によっては補修だけでは済ませることができず、全面的なリフォームの検討が必要になる事もありますので外壁塗装をせずに放置しておく事はおすすめできません。

外壁塗装のセルフチェックの方法

自分の家の外壁がメンテナンスをすべき状態なのかわからないという方のために、セルフチェックのポイントを紹介します。

早急な対応はほぼ必要ないケース

外壁の以前よりツヤがすくなくなっている・汚れがついているのみなら早急な塗装工事は必要はありません。

塗装を検討したほうが良いケース

カビやコケなどが発生している場合は、外壁塗装の防水性能が落ちているサインです。またヒビ割れが発生している場合も、そこから水が染み込みやすくなるので塗装・補修が必要です。外壁が熱で膨らんでいる場合も、リフォーム会社・塗装業者に点検を依頼し、壁・建物の状態を確認する事をおすすめします。

早急に塗装を検討すべきケース

外壁を触った時白い粉が付く場合、耐久度がなくなったと判断できます。また剥がれやめくれなどが発生している場合も塗装をすべき時期です。

外壁塗装の塗り替え不可能なケース

残念ながら外壁ならどこでも塗り替えができるというわけではありません。実際にリフォーム会社・塗装業者に点検してもらったところ、その会社ではできないと断られてしまうようなケースもあります。
この場合、張り替えで対応するしかありません。塗り替えができない理由の一つとして直張り工法で取り付けられているサイディングのケースが挙げられます。
防水シートの上にサイディングを直接貼る方法の為、内部の湿気が逃げにくく、塗装してもすぐに不具合が出る可能性があることから断られてしまう場合があります。
また、溜まった湿気によってサイディング表面が傷んでいる場合もすぐに不具合が出る場合があり、張り替えを推奨されることがあります。

外壁塗装工事のポイント

塗料にこだわる

先述したように、塗料によって費用や耐用年数が異なります。「とにかく安いものを」と考えてしまうと、かえって長い目で見た時のコストパフォーマンスが悪くなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

自分の環境に合わせたものを

地域によって気候などは異なります。暑い地域などに住んでいる方の場合、断熱系塗料などを選択する事で、屋内の温度を下げる事につながります。塗料にはそれぞれ様々効果があるので、快適な環境で過ごせるような塗料を選ぶ事をおすすめます

信頼できる工事業者を選ぶ

丁寧な外壁塗装工事ができるリフォーム会社・塗装業者を選ぶことが大切です。外壁塗装は3回塗りが基本となっているので、1回や2回までしか対応してくれないようなところは、その理由をしっかりと聞く必要があります。

外壁塗装で使用する専用塗料

外壁塗装で使用する塗料として代表的なものについて、それぞれの特徴を解説します。

塗料 特徴
ウレタン系 一昔前までは主流となっていた塗料です。アクリルに比べると光沢が長持ちするのが特徴で、特に大手のマンションの塗り替えなどに使われてきました。
シリコン系塗料 強い塗膜ということもあり、紫外線を受けても長期間光沢を保ちやすいのが特徴。耐久性も高く、カビや藻などの汚れも付きにくいです。
フッ素系 とても強靱な壁塗装となっており、高品質なのが特徴。建物を長持ちさせたいと考えている方から選ばれています。機能性はもちろんのこと、耐用年数が長いのも魅力です。
ラジカル系 塗料に含まれている酸化チタンが紫外線にさらされた際に発生するラジカルと呼ばれるものを抑える働きがある塗料です。これにより紫外線の影響が少なくなり、外壁が白く粉を吹くチョーキングといったトラブルを抑えることにも繋がります
無機系 耐久性が高く燃えにくいのが特徴。価格は高めですが、長持ちします。注意しなければならないのが、しっかりと施工しないと良い効果がだせないので、信頼できるリフォーム会社・塗装業者に依頼する必要があります。

外壁塗装の流れ

一般的な外壁塗装を施工する際の流れについてご紹介します。

足場の設置

安全に丁寧な作業をするために必要です。高い場所の塗装を施工する際にも必須。ただし足場を設置する際には大きな音が出るので、事前に周囲にお住まいの方々に挨拶回りを行います。

塗装前の洗浄

汚れた状態だと塗料が乗らないので、洗浄を行います。塗料が劣化して壁の表面に粉がついている場合は、こちらも落とします。丁寧に洗浄し、塗料をしっかりと外壁に密着させる事で、長持ちする塗装ができます。

下地処理・養生

ヒビ割れや金属部分の錆などが発生していた場合は、先にそれらを処理します。かなり劣化がひどい場合には時間がかかる作業となります。続いて塗料がついて欲しくない場所(玄関等の出入り口、窓まわりやエアコンなど)を養生します。

下塗り・中塗り・上塗り

外壁塗装の基本は3回塗りとなっているので、それぞれ乾いてから塗料を重ねていきます。

点検・片付け

最後に塗り残しや塗りムラがないかを点検し、問題がなければ片付けです。その後、足場の解体や撤去も行います。

顧客対応満足度100%を目指し、安心してリフォームをご依頼いただけるよう、わかりにくい専門的なポイントなどは、丁寧にご説明を差し上げているので、まずはお気軽にご相談ください。
職人のマナー満足度も非常に高い評価をいただいております。コミュニケーションも大切にしているので、不安などをしっかり取り除いた上で外壁塗装を施工します。
神奈川・横浜の修繕と改修、防水塗装のお問い合わせは
簡単見積りシミュレーション
公式LINEで安心サポート
公式ブログ
簡単見積りシミュレーション
公式LINEで安心サポート
公式ブログ
トップへ戻る